スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたちごっこがとまらない

ポケモン対戦をするうえで、誰もが意識する重要な要素。
それが素早さです。
このゲームは、素早さで1でも勝っていれば相手から先制できます。
そのため素早さを調整し、狙った相手より速く行動するように仕掛ける、といった戦術がよく使われます。
今日は、素早さ調整の目安についていくらか。


素早さ調整には大別すると2種類あります。
1つは無振り相手への調整、もう1つは最速相手への調整です。
方法としても、基礎能力で相手を抜く方法と、スカーフや素早さUPで相手を抜くように仕向けるという2つの種類に分かれます。
素早さ調整の意義は、ターゲットを絞ることで出来るだけ無駄をなくし、他の能力に回すこと。
もしくは素早さで優位に立つことで、特定の相手とのタイマン戦を強くする。すなわち特定のポケモンへの流し能力を向上させることです。

素早さ調整の代表的な例をいくつか挙げてみます。
まずはサンダースの最速115族抜き調整。
本来サンダースは130族。そのため本来はクロバットなどと同速です。
しかしその素早さを、スターミーライコウなどを意識した115族まで落とし、残りをHPや特防に振ります。
そうすることによって、役割を明確かつより強固に持つことが可能となり、サンダースは流し・サポートの役割を遂行しやすくなります。
逆にダグトリオやジュカインに抜かれるようになります。この場合は素早さを捨てることによって、ダグトリオやジュカインとのタイマン性能を下げていることになっています。
次にギャラドスの調整について。
ギャラドスは能力UPの技、竜の舞を持つため素早さを強化することができます。
その竜の舞に合わせ、相手のポケモンをうまく抜けるように調整することができます。
最速115族や最速130族に合わせることによって、出てくるスターミーやサンダースにも流されずに、スムーズな全抜き耐性を作ることができます。

また、グライオンの最速カイリキー抜きなどは、受け(役割)をより確実なものとするためのものです。
この場合カイリキーに対しての優位は確実なものとなりますが、ドサイドンに対しては素早さ調整が無駄になり、耐久面に回せなくなった分、負担を多く受けるようになります。
それ以外にも多いのは、メタグロスの無振りスイクン抜きなどという、無振り相手に対しての調整です。
この例の場合、メタグロスはスイクンに受けられにくくなり、本来の優劣が逆転することとなります。
しかしスイクンが素早さに振っている場合、メタグロスはスイクンを抜けず、耐久に回せない分負担を多く受ける、といった状況にもなりえます。
そう、いたちごっこの状態です。

素早さ調整についてまとめると、
・明確な対象(役割)を意識して、特定の対象へのタイマン性能(流し性能・潰し性能につながる)を向上させること
・努力値の無駄を削減し、より有効にポケモンの性能を生かすことができる


それでは、素早さ調整の代表的なターゲットをいくつか挙げてみます。

・無振り55族抜き
カイリキー、ハピナスなどが属するライン。
やはりハピナスに対する優劣を意識する調整となります。
40~50族あたりのアタッカーがこの調整をすることが多いです。遅いポケモンの代表的調整といったところ。
ハピナスはアタッカーなら物理、特殊ともに強く意識するポケモンであるため、このラインは非常に重要なものとなっています。
しかしハピナスもそれを見越しての素早さ振りをしている場合もあるので、過信は禁物。
余談ですが、すぐ下の種族にモジャンボ、レジアイス、カバルドンなど有名な受けポケが多くいます。

・無振り70族抜き
エアームド、メタグロス、ルンパッパなどを有する激戦区ライン。
さらにこの下の65族にハッサム、シャワーズ、トドゼルガなど有名なポケモンが存在するため、同時に抜くことができるこの調整は非常に有名です。
有名な物理受け、エアームドをターゲットに調整されやすいです。正直そこまで対策するべきポケモンでもない(
ここまで素早さがあれば一通り抜ける相手も多く出てくるため、素早さ調整としてもひとつの目安となります。

・無振り85族抜き
ヘラクロス、スイクン、クレセリア、キングドラなど相当な実力者が連ねるライン。
この下にはギャラドス、ミロカロス、トゲキッス、カイリューなど強力なポケモンが顔を揃えます。
受けを一通り抜くことができる大きなラインで、調整も比較的簡単にできます。
自分は特にここの調整を愛用しています。こだわりなどの打ち逃げアタッカーにこの調整をさせたいところです。
ちなみにここらへんからは最速の線も考えられます。ヘラクロスなどがそうです。
そのためボーマンダなどにうっかりやにして最速85族抜きをさせることもあります。

・最速100族抜き
ボーマンダ、ムクホーク、サンダー、ムクホークなどを有する、言わずと知れた激戦区ライン。
とは言っても、実際に意識すべきはボーマンダ。ボーマンダを抜けるポケモンがどれだけ残っているかで状況が変わってくる場合も多々あります。
スカーフなどで調整しつつ、100族を抜けるようにしていきたいところ。その2つ上にガブリアスもいます。
有名なのは、スカーフカイリキーなどですね。

・最速110族抜き
ワタッコ、ゲンガー、ラティオス、ラティアスなどを有するライン。
対戦で非常に大きな影響を与えるラティオス、ゲンガーなど怖いポケモンぞろいです。
彼らを抜けるポケモンは確実に1体は入れておきたいところ。
スターミーの素早さをあえてここまで落とす、という調整も。。

・最速115族抜き
スターミー、アグノム、ライコウなどを有するライン。
ここまでくると、そう簡単に素早さを抜くことはできません。
とはいえいずれも対戦で大きな影響を与えているポケモン、ぜひ抜いておきたいところです。
スカーフによる調整がおススメ。そのほかギャラドスやサンダースが調整の的にします。

・最速120族抜き
ダグトリオ、フーディン、ジュカインの3体からなるライン。
どの子も攻撃範囲が広いため、実戦で出てくると相当苦労を強いられます。
できればここまで抜けるポケモンが1体でもいれば・・・、相当楽になります。
スカーフなど調整をする場合は、ここまでをひとつの段落にすること。
これ以上はスカーフ対峙やそれほど脅威ではない130族などを意識することになるため、ひとまずはここまでの調整で十分です。

・最速130族抜き~それ以上
かつて有名だった、最速130族抜き調整。
いまやその調整がほとんど無意味になっていることは、すでにお分かりかと思います。
ここまでくると、素早さが無駄になってくる場合が多いため、見合ったリターンを得られることが少なくなります。
それでも今の時代、速さはどこまでも上昇します。とにかく先制したい場合は、極限まで素早さを上げてみるのもありでしょう。


ポケモンを自由自在に操る、素早さ調整。
一歩上を目指していく場合はぜひ挑戦してみてください☆
ただし、なにごともやりすぎは禁物ですよb

コメ編↓

以前アップしたビデオが消えていたみたいなので、もう一度
・49-54312-03285

>真澄さん
いえいえー。気にしないでくださいなb
もちろんいつまでも待ってますよ^^

真澄さんが使うポケモンにはいつも驚かされますね><
ハンテールとはw 対戦でも1,2回程度しかみたことないですね。
なかなか面白そうです。今度ぜひ対戦しましょう♪
自分も最近、面白そうなパーティを考えています。
たぶん実戦ではなかなかお目にかかれない(であろう)ポケモンを中心に組んだパーティです。
正直勝率は不明ですが、面白そうなので近いうちに完成させてみますw

ぅわお! すんばらしぃグレッグルで☆(
ではお言葉に甘えまして、ありがたくいただきます~♪
うん、今までも真澄さんから貰うポケモンを気に入らなかったことはありませんよ(ぇ
あ、NNですが「デッドマン」とお願いできますか?

>ACLさん
片やハッサム、ヘラクロス。片やドクゲイル、スピアー。
うーん、現実は厳しいものです(ぇ
自分はパーティ作成に迷走中orz
基本的には強いパーティを組むため、ガチ意識。
だけど面白いポケモンから組むので、マイナー含み。
理想なのは、ガチを使わずガチを制すこと。
なかなか難しいものですわ^^;
あ、ビデオ再アップしてみたんだけど見れるかな?
正直使い方がよくわからん><

>楓さん
HAヘラって実際そんな強いかな? と思っていたり。
実際に使ってみると、スカーフ仕様とは全く違うことに気づかされますね。
1体は持っていけるけど、素早さ的に多く倒すのは無理。ダメージレース的には強い存在です。
自分もヘラダース使っているんですが、ノオーに後出しすると吹雪で結構削られるんですよね(汗

ジュカインは速さと受けにくさがウリですね。
パーティにはこの子を止められる子がいないので、なかなか厄介な相手です。
実際使ってみると決定力には不足するのかな?
やはり終盤でのエース仕様ですね。

>みんるさん
先日はありがとうございました~。
先発の子は完全になめてました^^;
それにしても自分のマンダは全く活躍しないorz
ヘラを倒せなかったら完全に負けていましたね。あそこで救われました。
だいまじんはスペシャルな技で強敵2体を持って行けましたb
プレッシャー長期戦はかなりシビアでした++
正直リフスト耐えると思ったんだけどなぁ、眼鏡だったかな?
なんにせよ熱い試合をありがとうございましたー!
ぜひまたお願いしますね☆

適応イーブイは面白そうw
これでぶーすたんよりも火力がでるのがなんとも(ぁ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

わぁ~
かなりためになる考察…
私もイマイチ仮想的が仮定できなくて、素早さがどうしても6振りになってしまうんですよね~
またトレーナー天国さんのお世話にならないと…

No title

こんばんは。
本当にいたちごっこになるのかな…といいますのは現在ご存知にの通り66は相対的理論よりダメージレース理論?の方が主流と思いますのでなかなかS調整されているポケモンは少ないかな?と思います。そんなにえらそうなことは言えませんが。

それとコイキングパを広場の33で使ってみました(え
結果は2戦2勝!
コイキングの活躍…ではなくマンダの活躍ですけど。

そのうち一戦をビデオに取りました。
36 19507 91052(注意)全く面白くありません

No title

S調整・・・悩みますよね。。
雨グドラ、陽気スカーフガブまで抜いておくかすごく迷いました。さて、抜いたんだっけか(マテ

調整がいくらでも存在する辺りは、あえて無振りにすることによって
「相手と自分、どちらが早いのか」
について、自分だけ分かっている状態というものを作れるため、読みで優位に立てることがあります。
ハッサムなんかは、蜻蛉を先に打つのと後に打つのとでは随分違ってきますからねー。
・・・全部受け売りです(ぇ

HAヘラは・・・無理に出そうとせず、終盤に受けが少なくなってきたころにガツガツ殴った方がつよそーです。
ステロを撒かなかったからヘラにダメージが蓄積しなかった→ジュカイン焼き切れない
ちょっと蓄積していた→ポリ乙がDLだったために火力不足
世の中破壊光線ですよね。
プロフィール

MORIO

Author:MORIO
MORIOです。性別は男、18歳になりました
東北在住でごくごく平凡な、普通の高校生です
主にポケモンを主体としてやっていきます
対戦考察や育成論、配布などもやっていくつもりです

対戦はS66専門です。対戦好きなので対戦も受け付けます
最近はGSルールに挑戦中。そちらも募集します。
相互リンクもよろこんでお受けしますので、お気軽に声をかけてください

対戦用コード:3180 4719 9505

現在、配布開催中です。
カテゴリの配布からどぞ。。


チャット
↑新設しました。
ご自由にお使いください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。